あす10月29日 迫力の模擬訓練や戦車試乗など 山口駐屯地創設62周年記念行事

▲戦車体験試乗(昨年)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 10月29日午前8時半から午後3時まで、陸上自衛隊山口駐屯地創設62周年記念行事が、同駐屯地(山口市上宇野令、TEL083-922-2281)で開かれる。
 記念式典は午前10時から。10時半からは隊員約300人と、戦車、装甲車両など約50両、航空機9機が観閲行進・祝賀飛行をする。11時からは、同駐屯地の「山口維新太鼓」と善通寺駐屯地(香川県)の「十五聯太鼓」が勇壮に初協演。戦車や火砲、ヘリコプターや偵察バイクを使った迫力満点の模擬戦闘訓練は、11時15分から解説とともに繰り広げられる。陸上自衛隊第13音楽隊、同駐屯地音楽隊、山口県立大吹奏楽団BLAZEの合同演奏は、午後0時20分から。2時半からはもちまきも。
 会場には、食べ物、飲み物、自衛隊グッズなどを購入できる売店がズラリ。さらに、子どもが迷彩服を身につけて写真撮影できるコーナーも。
 戦車体験試乗(午後1時5分~)は200人限定。整理券は、午前8時半からと正午からの2回、グラウンド西側で配布される。また、軽装甲機動車と高機動車への試乗も、午後0時半から2時半まで可能だ。
 この日は「1日駐屯地司令」を、山口市観光アンバサダーの笹木慈恵さん(山口大学2年)が務める。さらに、陸自のキャラクター「タクマくん」「ユウちゃん」も来場。どちらも、記念日初の試みだ。

出典:http://sunyama.soreccha.jp/e419372.html